2008年9月22日月曜日

激辛料理:四川麻辣烫(Ba Shu)

フランスには辛い料理がないと言うことで、だんだん辛い料理が食べたくなってきます。前回、韓国人の同僚といったレストランはフランス風にアレンジされていたので辛くありませんでした。その同僚が本物の激辛料理を見つけたと言って来たので、一緒に味見しにいってきました。

さすが韓国人が言うだけありました、店内は中国人が多く、料理は本当に辛かったです。一緒に行ったスペイン人、チリ人は涙目になりながら、まだ泣いてないなどと言ってました。すこしかわいそうだったかも知れません。激辛料理にワイン(コート・デュ・ローヌ)を合わせるあたりで、彼らが辛さ慣れしていないことが分かるような気がします...
Restaurant Ba Shu
住所:170, Rue Saint Martin, Paris 75003
電話:01 48 87 87 38




大きな地図で見る

2 件のコメント:

しんぺー さんのコメント...

辛さにもいろいろあるよねぇ。だた痛いだけなのと、辛さの中にも旨さがあるのとか。

国によっても辛いのが得意とかあるよねー。最近カレーばかり食べてるんだけど、普通のレベルがもう普通に辛いんだよね・・・。

マナブ さんのコメント...

なんか久しぶりに刺激のある料理だったから、おいしかったな。ちょっと胃がビックリしちゃったけどね。

まあ、ぶっちゃけ日本の激辛専門店よりは辛くないとは思うんだけどね。